ブログランキングに参加中です!ぜひポチってください(^^♪ご協力お願いいたします(^_-)
園芸系
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
アクアリウム系
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ


2013年02月16日

【ジオラマ】お土産屋さんは結局宝石店にしました(^^♪ 小さいビーズがたくさん余っていたので、それの利用を兼ねてです! とてもオシャレな感じな店内になり、満足しています(^_-)

前回に引き続き、ジオラマに設置したお土産屋さんの細かい部分の作業をします。
前回までは、こんな感じでガラーンとした店内でしたが、
2013-02-13_15-28-18_DigitalCamera.JPG

ちょうど子どもが昔使っていたビーズがたくさんあったので、それを利用して急きょ宝石店にしました。
設定的には、神社が建立する予定の山は鉱石の宝庫で、そこから取れた石を販売しているというものです(^^♪
で、一つ一つビーズをポンドで棚に接着して、POPを貼ったりして完成した店内がこちら。
2013-02-15_16-40-30_DigitalCamera.JPG

どうですか?
かなりゴージャスになりました!
泥棒にはいられないか心配なくらいです。
線路側から見るとこんな感じで、きれいにビーズが色づいています。
宝石店の看板も付けました。
2013-02-15_16-40-48_DigitalCamera.JPG


あとは、店舗がすごく不自然に設置してある状態なので、自然な感じに仕上げるマジックをご紹介します。
魔法をかける前はこんな感じで、ボンドで接着しただけの超ワザとらしい状態です…
2013-02-15_16-41-02_DigitalCamera.JPG

で、魔法の粉を作ります。
これは、ボンド水(シーナリーボンド+洗剤(界面活性剤)+水)と、コースターフという細かいスポンジを混ぜ合わせたものです。
2013-02-15_16-41-16_DigitalCamera.JPG

これを、家屋と地面の境目に丁寧に貼り付けると、
2013-02-15_16-51-56_DigitalCamera.JPG

どうでしょうか?
見違えるように自然な感じにとけこみました。
線路から見ても違和感ありませんね。
2013-02-15_16-52-30_DigitalCamera.JPG


ということで、お土産屋さんはこれにて完成。
次は何作ろうかな〜(^o^)
posted by えなみん at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ジオラマ・鉄道模型

2013年02月13日

【ジオラマ】ご無沙汰していたジオラマですが、制作をボチボチ再開しました! 今日は線路近くに配置予定のお土産屋さんを作りました(^o^) 細かい部分はまだ仕上がってませんが、大方完成となります(^^♪

今年になってから一度も手を付けていなかったジオラマですが、少しやる気が出てきたのでリハビリ的に家を1件作ってみました。
今回作るのは線路わき、牧場前に配置する予定のお土産屋さんです。
お客さんが5人も入るといっぱいになってしまいそうなくらい、こじんまりとしたお店です。
作成にはプラ版と竹・ワラなど使いサクサク形作っていきます。
作業すること2時間で完成しました。
2013-02-13_15-27-16_DigitalCamera.JPG

斜めから見るとこんな感じで、線路側の一部がガラス窓になっています。
2013-02-13_15-27-56_DigitalCamera.JPG

ガラスは、透明のプラ版をはめ込んであります。
お店の中はこんな感じ。
2013-02-13_15-28-18_DigitalCamera.JPG

陳列棚・レジ・観葉植物を配置してあります。
商材や看板などの掲示物は、次の機会に。

さて、久々のジオラマなので、まずは全景から。
2013-02-13_15-03-18_DigitalCamera.JPG

これの右下の牧場付近に店舗を設置します。
ちなみに用地はすでに買収してあります。
2013-02-13_15-03-46_DigitalCamera.JPG

余談ですが、このジオラマに流れている川は水が透明ですが、いい感じで凹凸が付いているので本物の水が流れているみたいで、個人的には超気に入っています。
とういうことで、鉄橋から湖側をパチリ。
2013-02-13_15-03-06_DigitalCamera.JPG

最初は水だから青とか色付けようかと思いましたが、おもちゃっぽくなるかなと思ってやめてよかったです…

で、本題に戻して、お店を用地にボンドで貼り付けます。
2013-02-13_15-30-50_DigitalCamera.JPG

大きさもピッタリで、ガラス窓から差し込む光が店内を明るく照らしています。
ちなみに、お店と地面の間が不自然(明らかに置いただけ)なので、この辺の細かい作業も看板設置時に行います。

せっかくなので、山の上から望遠で撮影してみました。
2013-02-13_15-31-30_DigitalCamera.JPG

三角屋根がとてもかわいいお気に入りの一件となりました(^^♪

この調子で、明日は細かい作業をして、さらに完成度をアップさせていきたいと思います!
posted by えなみん at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ジオラマ・鉄道模型

2012年10月29日

【ジオラマ】レンガ造りに四苦八苦(^_^;) ようやく自分なりに量産できる作り方が定着したので公開したいと思います(ってこんな小さいレンガが必要な人はごく少数でしょうけど…)(^^ゞ そのうちレンガ造りのかわいい家を作ります(^^♪

ジオラマでレンガ造りの家を作りたいと思い立って、ショップをウロウロして店員さんに聞いたりしていると、既成のプラスチックの家だったり、レンガ風のシール(ちょっと立体的な)ばかり勧めてきて、極小レンガを自分で積み上げて作りたいのであれば、石膏を使って作ってみてはどうかと提案されました。
思えば、これが苦労の始まりでした…

とあるBlogで同じようなこと考えている模型屋の店長さんがいたので、その作り方を見ていると、プラ板で金型的なものを作って、色付けた石膏を流し込むというものでした。

ということで早速金型作りから。
用意するのはL字型のプラ棒(5mm角)と1.2mmと0.5mmのプラ版です。
0.5mmのプラ版は土台になりますので、今回は12cmの正方形に切りました。
2012-10-26_10-58-13_iPhone5.JPG

そして、1.2mmのプラ版は4mmの幅に切断し、L字プラ棒の内側に接着します。
2012-10-26_13-19-03_iPhone5.JPG

こうすることで幅4mm厚さ2.8mmの石膏の棒を作成することができます。
建物を作成する際に重要なのは幅と厚みが一定であることです。
じゃないと凸凹に積み上がって見苦しい感じになりますので…
長さは、積み上げていくうちに穴埋めで短いのだったり長いのが必要になるので、その都度調整できるように一本長いのを作ることにしました。

プラ棒を土台のプラ版に接着していきます。
2012-10-26_17-21-38_iPhone5.JPG

そして石膏を用意します。
あらかじめ紙コップに着色した水を準備しておきます。
なるべく濃い色にしないと、石膏自体が白絵具と同じ色なので理想の色ができません。
あと、必ず水に石膏を入れることです。
石膏に水を入れると、ボソボソになってしまって収拾がつかなくなります(この辺は美術の時間に習いましたね)。

で、型枠に入れますが、気持ち固めの石膏液を作ります。
流し込む感じではなく、筆などで軽く押し込む感じの固さです。
2012-10-26_19-46-08_iPhone5.JPG


そして30分ほどすると硬化しますが、念のため1日まってから型を外します。
2012-10-26_23-04-24_iPhone5.JPG

型に引っ付くので割れたりしますが、どうせ細かく刻むので気にせずボキボキとっていきます。
理想通り、幅と高さが一定のきれいなレンガができました。
切断にはニッパーを使うときれいにパキパキ割れてくれて気持ちがいいです(^o^)


と、終始順調にレンガ造りが行われたように見えますが、実はショップで情報収集したりする前にいろいろ試行錯誤がありました…
失敗談として一応書いておきます。

・硬質発泡スチロールに着色する
幅と厚みの調整は容易ですが、切断面が地の色なので着色が面倒なのと、アクリル塗料では若干の収縮が発生して、変形するため歩留まりが非常に悪いです。
これで1日無駄にしました。

・切断が面倒なので型枠に仕切りを付ける
人間楽することを優先的に考えるので、切断する手間も省こうと仕切りをつけてみました。
2012-10-27_22-25-02_iPhone5.JPG

石膏を詰めた感じではうまくいきそうでした。
2012-10-28_13-10-07_iPhone5.JPG

でも取り出すのが一苦労です。
1つ1つが小さいうえにドライバーなどでほじると傷がつくし、なにより仕切り分だけスペースが限られるので、生産できる量も半分くらいになってしまいます…
これは2日無駄にしました…

こんな感じでいろいろ苦労の末、行きついたレンガ造り。
まだ建物の建造まで行っていないので、まだ苦労がありそうな予感もしますが、それが楽しいジオラマという趣味であります(^^♪

おしまい。
posted by えなみん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオラマ・鉄道模型

2012年10月28日

【ジオラマ】牧場や農園などの入り口ゲートを作りました(^^♪ あと、直売所が完成したので設置しました(^o^)

今日も少しばかりジオラマに時間を割くことができましたので小物を中心に作っていきました。
まずは全体像から。

2012-10-28_18-58-42_DigitalCamera.JPG


湖に流れ込んでいる不気味な液体は、グロスポリマーメディウムという油絵の具の艶出し材です。
これは水に使用していますが、まだ水かさが十分ではないため急きょ増水処理を施しているところです。
乾くと非常にきれいな透明ツヤツヤになります。
おもに今手を付けているのは、右下の農園・果樹園・牧場です。

今日は各ゲートを作成しました。
牧場のゲートはこんな感じです。
2012-10-28_18-57-44_DigitalCamera.JPG

牧場はもう少し小高く、草の丈を低くしたいと考えているので、まだまだ作り途中です。
とりあえず真ん中に木を植えてそれっぽくしておきました。
このほかに果樹園と農園も同じようにゲートを作り設置しました。

次に農園ですが、直売所が大体完成したので飾りました。
2012-10-28_18-58-12_DigitalCamera.JPG

ちょっと旗がななめすぎるので、撮影後に直しました…
販売しているのはパプリカで、トロ箱に緑・黄・赤のパプリカが入って販売されています。
手持ちのカメラでこれ以上寄れないのであれですが、実際に見るとすごく細かくて癒されます。

今手を付けてる作業は、牧場に建設するお土産屋さんとサイロ用のレンガ造りです。
なかなかいい型枠が作れなくて四苦八苦しています…
あと、農園のビニールハウスは一旦撤去してイチゴの水耕栽培へ中身を切り替えます。
下手に実際のイチゴ水耕をやっているせいか、水タンクや養液タンク、配管をかなり小さいスケールでコツコツ作成してます。
あとは果樹園用の樹木の作成ですね。
果樹園の樹木って手入れがいきわたっているので、人工的な形に仕上げないといないので、フォーリッジクラスタをどうやって加工しようか、こちらも四苦八苦中です(^_^;)

まあ問題はいろいろありますが、クリアしていいものが出来上がると感動もひとしおなので、楽しみながら悩んでいきたいと思います(^^♪
posted by えなみん at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ジオラマ・鉄道模型

2012年10月26日

【ジオラマ】農園に配置する野菜直売所と、果樹園・牧場用のフェンスを作りました(^_-)

昨日は2時間ほどジオラマに時間がさけたので、ちょっとした小物を作りました。

まずは、果樹園と牧場に設置するフェンスです。
スケールサイズは120cmほどで、大人の胸元くらいの高さなので、なかなかリアルなサイズだと思います。
2012-10-25_23-43-41_iPhone5.JPG

ラフな設計図をもとに作成しました。
設置するのが楽しみです。
材料は1mmのプラ丸棒を使いましたので、結構柔軟にカーブしてくれます。
プスプス地面にさしながら、すこしカーブさせてフィットさせながら設置させたいと思います。
フラットブラウンで着色しているので、木そのもので、いい感じです(^^♪


次に、農園を先日整理して、道路わきにスペースが空いたので無人の野菜直売所を設置することにしました。
建物自体は10分で作成できました。
2012-10-25_23-22-37_iPhone5.JPG

でも、野菜を入れておくトロ箱に時間がかかり、0.3mmのプラ板を貼り合わせて作りました。
4mm×3mm×2mmの極小サイズですが、かなりそれらしくできたので満足しています(^^♪
真っ白だと味気ないので、ちょっとウェザリングして中に何を入れるのかは考え中です。
あと、のぼり旗・看板と小さい料金箱も設置する予定です。
posted by えなみん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオラマ・鉄道模型

2012年10月25日

【ジオラマ】今日はジオラマ作業用の机を作りました(^_^;) あまりジオラマとは関係ないですね…

ジオラマの道具一式をいつも冷蔵庫横に直置きにしているのですが、奥さんが掃除機をかけるときにいちいちどかしている姿を見て申し訳なくなってきたので、簡易的な机を作ってその上に荷物などを置くことにしました。
そうすれば、テーブル同様下を掃除できるので便利かなと思っています。

木のテーブルって買うと2,000円くらいするので、自分で作ることにしました。
用意するものは、
 ヒノキのすのこ
 角材(太)60cm2本
 角材(細)90cm1本
だけです。
全部ヒノキの豪華な机ですが、800円で全部そろいました(^^♪
あと釘とか接着剤とか消耗品はあるものを使います。
2012-10-25_15-14-35_iPhone5.JPG


まず脚は30cmに設定。
木材を切ります。
あと、補強用のつがい用の棒も切ります。
2012-10-25_15-37-50_iPhone5.JPG


で、あとはネジやら釘で部品をくっつけて完成!
2012-10-25_17-42-47_iPhone5.JPG

きれいに全部乗っかりました。
軽くて丈夫で上出来です!

今まで畳の上に猫背で作業していたので、作業も楽になり、奥さんの掃除も楽になり非常に有意義な工作でした(^o^)
posted by えなみん at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオラマ・鉄道模型